会長挨拶


目的を以って歓喜あるクラブ

2020-2021年度
東近江ロータリークラブ会長

中村 成実


 1920年、日本にロータリークラブが創設され、100年の歴史が経ち、我が東近江ロータリークラブが60周年の節目を迎える2020~2021年度の会長を拝命しましたことは、縁をいただき、運をいただいたものだと思います。

 メンバー諸先輩方々が、東近江ロータリークラブの歴史と精神、スポンサークラブ姉妹クラブとの連帯感を構築されました。我々は、市民への理解等々築き上げてこられたことに対する恩を忘れず、なお一層の絆と信用を築くことが力であり、持続可能な事業を継続し、未来もその精神をはたすべく精進し、精一杯努力して参ります。

 クラブとしては、ロータリーの原点を忘れず『何事にも目的を以って』60周年記念事業をはじめにこれから先、クラブ内外に縁を繋ぎ、運をいただき、60年を期に新たな継続事業を立ち上げ、更に歴史を積み重ねるべく活動いたします。

 メンバー各々が、例会出席にて得られる友情と親睦、出会い、知識、情報、感謝等々、つねに職業奉仕ができる喜びを忘れず、クラブが高潔なメンバーの例会であるよう、ロータリーライフを充実させます。

 東近江ロータリークラブの為、目的を以って歓喜あるクラブ作りに、最大の努力をする所存です。役員、理事、メンバー皆様の絶大なるご支援ご協力の程、伏してお願い申し上げます。


60周年記念事業と式典の成功

新たな継続事業(青少年奉仕、社会奉仕)
  森の保全(5年間継続)

増強に力を入れ50名のクラブを目標とし退会防止に努める

出席率の向上
  出席率100%の例会日を設定
  ガバナー公式訪問 60周年記念事業と式典 その他例会
  例会欠席者へのメークアップの声掛け

クラブ運営に若い新しいメンバーの起用

桑名西ロータリークラブとの親睦と交流

上田ロータリークラブとの姉妹クラブ継続の調印

新型コロナウイルス感染防止に努める

Page Top